キャラクターの役割

キャラクターの役割

目次

  • 役割の分類
    • 「ゲームシステム」に必要な役割
    • 「主人公との関係」における役割
    • 「ストーリー」のために必要な役割
      • きっかけキャラ
      • お助けキャラ
      • 裏切りキャラ
      • 賢者キャラ
  • 補足:キャラがかぶる
  • 参考

強大な魔法力を持つキャラ、

左右で違う眼の色を持ったキャラ、

透けるような白い肌を持ったキャラ、

 

といった、様々なキャラ設定(個性)を考えるのは非常に面白いですが、

シナリオ上はそれほど重要ではありません。

 

それらに意味を持たせなければ、単なる装飾に過ぎないからです。

 

この意味を持たせる、というのが「キャラの役割」です。

 

 

例えば、

強大な魔法力を持ち、主人公を正しく導く「賢者キャラ」

という「賢者キャラ」というのが、キャラの役割です。

 

役割の分類

役割は、以下のような分類があります。

  • ゲームシステム」に必要な役割
  • 「主人公との関係」における役割
  • 「ストーリー」のために必要な役割

ゲームシステム」に必要な役割

ゲームシステム上、必要なキャラには、以下のものがあります。

  • 主人公
  • 攻略対象(ex. キャラ・ボスキャラ)
  • システムキャラ(ex. チューター・お店の主人)

「主人公との関係」における役割

キャラ」と「味方キャラ」、「中立キャラ」など、

主人公との関係における分類です。

 

キャラには、

残忍な性格、いかにも悪そうな姿・顔を持った「悪役キャラ」、

倒さないと先に進めない「関門キャラ」、

競争相手となる「ライバルキャラ」

などがあります。

 

味方キャラには、

恋愛対象となる「パートナーキャラ」、

一緒に戦ってくれたりする「仲間キャラ」、

血縁関係のある「家族キャラ」

などがあります。

「ストーリー」のために必要な役割

ストーリーに変化を与えるため、補足的な説明をするため、

に必要となるキャラです。

 

例えば、「きっかけキャラ」「お助けキャラ」「裏切りキャラ」「賢者キャラ」です。

 

きっかけキャラ

きっかけキャラとは、

情報屋、モンスターに襲われて主人公に助けられるキャラ、

などイベントを発生させるキャラです。

 

お助けキャラ

お助けキャラとは、

主人公のピンチの時に都合よく助けてくれるキャラです。

ただし、あまり使いすぎると、「ご都合主義」のストーリーになってしまいます。

 

裏切りキャラ

裏切りキャラとは、

「味方キャラ」から「キャラ」へ変化するキャラです。

例えば、出番が少なくなって目立たなくなった「死にキャラ」を、

裏切りキャラとして復活させるのも、意外性があって良いかもしれません。

 

賢者キャラ

賢者キャラとは、

主人公を正しく導くキャラです。

ただ、賢者キャラはパーフェクトなキャラであることが多いので、

動かしすぎると、主人公の出番がなくなってしまいます。

なので、あまり動かせないようにするか、殺してしまうのもいいのではないかと思います。

 

補足:キャラがかぶる

同じような役割を持たせると、キャラがかぶります。

なので、できるだけキャラに同じような役割を持たせないほうがよいみたいです。