Hatena::Groupgamehell

ゲームプログラムめも日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

けんもほろろ  / オススメゲームプログラム本  / 作ったもの置き場  
ゲーム開発のデザパタまとめ  / めも日記まとめ  

2010-12-13

VisualDでdHellを使う方法 13:39 VisualDでdHellを使う方法 - ゲームプログラムめも日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - VisualDでdHellを使う方法 - ゲームプログラムめも日記 VisualDでdHellを使う方法 - ゲームプログラムめも日記 のブックマークコメント

VisualStudioで、D言語の開発環境を構築できるプラグイン「VisualD」で、dHellを使う方法を紹介します。

VisualDのインストール方法

ここを参考にインストールします

プロジェクトの作成

ファイル>新規作成>プロジェクト

を選択して、新規プロジェクトを作成します

f:id:kenmo:20101213132249p:image

OKボタンを押すと、D言語用のプロジェクトが作成されます。

(ここではプロジェクト名を「d_test10」としました)

main.dはいらないので、削除します

f:id:kenmo:20101213132250p:image

dHell用のファイルをコピー

ここのダウンロードから、dHell用のライブラリをダウンロードします。

そして、必要なファイルを全て作成したプロジェクトのフォルダにコピーします。

f:id:kenmo:20101213132251p:image

プロジェクトにDのモジュールを追加

ソリューションエクスプローラーから「d_test10」を右クリックして、「追加>既存項目」を選択します。

f:id:kenmo:20101213132252p:image

追加するモジュールを聞かれるので、「test.d」「hell.d」を選択します。

f:id:kenmo:20101213132253p:image

インポートモジュール・ライブラリなどのビルド設定

ソリューションエクスプローラーから「d_test10」を右クリックして、「プロパティ」を選択します。

f:id:kenmo:20101213132254p:image

まずはインポートディレクトリの指定です。

構成プロパティ>DMD>Generalを選択します。

そして、Additional Importsに「import」を指定します。

f:id:kenmo:20101213132255p:image

ライブラリの指定です。

構成プロパティ>Linker>Generalを選択します。

  • Object Filesに「import/SDL_mixer.obj」
  • Library Filesに「lib/SDL.lib lib/SDL_mixer.lib
  • Resource Filesに「resource/hell.RES」

を指定します(複数ファイルを指定する場合、半角スペースで区切る必要があります)

f:id:kenmo:20101213135009p:image

おしまい

あとは、ビルドして実行すれば動くはずです。